ニキビ跡の色素沈着にビタミンC誘導体(APPS)

ニキビ跡の色素沈着にビタミンC誘導体がおすすめ

レモン

ビタミンCって最近では飲み物やお菓子にまで入っていてなんとなく体に良いという印象を持っていと思いますが、美白効果もあるということを知っている方は少ないのではないでしょうか?


私は実際にニキビ跡が色素沈着して何とかしなきゃ、と思うようになって色々調べるようになってから初めて知りました。


すでにスキンケアなどに使っている方にとっては当たり前かもしれませんが、そうでない方にとってはなんとなく分かっているようで詳しく知らないのがビタミンC


実は期待できる効果は幅広く、ニキビ跡赤みや色素沈着のような複雑な症状にぴったりなんです。


特に美白効果に関しては特筆すべきものがあり、一般的に美白成分と呼ばれているものの多くはメラニン色素の発生を抑えるという予防としての効果なんですが、ビタミンCにはすでにできてしまったメラニン色素を分解する効果が期待できるのです。


何となく興味はあるけど、まだ使ったことが無いという方に、ビタミンC誘導体の効果や種類ごとの特徴、おすすめのコスメなどを紹介していきたいと思います。


すぐにニキビ跡におすすめのコスメを知りたいという方は、「ニキビ跡の色素沈着にぴったりのビタミンC誘導体化粧水ランキング」を参考にしてみて下さい。


ニキビ跡に普通のビタミンCじゃだめ?

誘導体

ビタミンC誘導体は化粧水や美容液でよく目にする言葉だと思いますが、誘導体って何?と思っている方もいるでしょう。


何となく難しい言葉なので性質の違うものなのと思いがちですが、効果自体はビタミンCと全く同じと考えて下さい。


誘導体というのは簡単に言うと、「効果に影響を及ぼさない範囲で小さな変更を加えたもの」という意味だと思って下さい。


ビタミンCはお肌にとって美白作用なども含めていろいろなメリットがあるにも関わらず、肌に浸透することができないし、さらに抗酸化作用(酸素とくっつきやすい性質)があるために空気に触れると酸化してしまうため、そのままの状態では効果を発揮できないのです。


そのため、ビタミンCとしての機能を変えることなく改良を加え、空気に触れても酸化せず、肌に馴染みやすく、しかも肌に浸透した後はビタミンCそのものに戻るという性質を持たせたものがビタミンC誘導体なのです。


言葉からイメージを掴みにくいのですが、単純にビタミンCをお肌に浸透させるためにちょっとだけ改良したものだと考えればOKです。


ビタミンCというとサプリメントで摂取するイメージがありますが、体内の色々な部分にとって必要な成分であるため、口からの摂取だと狙ったところに届けるのが難しいのです。


そのため、顔にできたシミなどにピンポイントで作用させたいならば、口から摂取するよりも誘導体という形にして作用させたい部分に直接塗る方が効果的なのです。


色素沈着したニキビ跡に働きかけるビタミンC誘導体の効果

メリット

最初にビタミンC誘導体には美白作用、そして他にもいろいろな効果があると言いましたが、具体的にどのような効果があるのでしょうか?


主なものとしては


  • 活性酸素の除去
  • 皮脂を抑える
  • 炎症を抑える
  • コラーゲンを作る補助
  • メラニン色素の予防
  • メラニン色素の分解

という6つの効果が期待できます。


一般的に食品などに「ビタミンC(酸化防止剤)」などと書かれていることがあるため、酸化防止作用があることは知られていると思いますが、その他にもこれだけたくさんの効果があるんですね。


これらの効果を見てみると分かるのですが、まさにニキビ跡の色素沈着にうってつけの成分なんです。


ニキビ跡が色素沈着してしまうのは、ニキビの炎症によってメラニン色素が発生してしまうためです。


そして、炎症が起きてしまう理由の1つにアクネ菌によって作られる活性酸素があります。


また、アクネ菌が増殖してしまうのは詰まった毛穴の中に皮脂が溜まることが原因でしたね。


つまり、ニキビの原因である皮脂を抑え、赤みのもとである炎症を抑え、炎症によるメラニン色素の沈着の予防、さらにもしも色素沈着してしまった時に元に戻す作用まで期待できるわけです。


色素沈着してしまったニキビ跡というのは状況が非常に複雑で、色素沈着だけの方もいれば、まだ赤みが残っていたり、ニキビそのものが再発したりする可能性があるわけです。


これらの複合的な症状を総合的にカバーしてくれる効果が期待できるのがビタミンC誘導体なのです。


ただ、1つだけ注意しないといけないのは、皮脂を抑える効果があるため肌質によっては乾燥しやすくなったり、少し刺激を感じたりしてしまうことがあるので、乾燥肌や敏感肌の方はビタミンC誘導体の中でも刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。(詳細は後述)


ニキビ跡の色素沈着にはハイドロキノンとビタミンC誘導体どっちがいいの?

どっちがいい?

美白コスメなどに詳しい方なら、美白成分として有名なハイドロキノンと比べてどっちがいいの?という疑問が浮かぶと思います。


一番最初のところで、ビタミンC(誘導体も含む)にはすでにある色素沈着を改善する効果が期待できると言いましたが、これはハイドロキノンにも言えることなんです。


だから、どっちの方が適しているのか?という疑問を持つのも当然なんですね。


ただし、この疑問には明確な答えが無くニキビ跡の色素沈着がどのような状態かによって答えが変わってくるのです。


なぜなら、ビタミンC誘導体とハイドロキノンには「効果の広さ」という点で大きく異なるからなんです。


メラニン色素に対する効果としてはハイドロキノンの方が強力なんですが、ハイドロキノンにはビタミンCのような抗酸化作用や炎症を抑える効果がありません。


そのため、ニキビ跡の色素沈着といっても、単純に今あるメラニン色素への効果だけを求めるならハイドロキノンを選ぶべきなんです。


>参考:ニキビ跡の色素沈着に効くハイドロキノン化粧品


しかし、まだ炎症して赤みがかっていたり、ニキビが繰り返したりするようならば、より広い効果が期待できるビタミンC誘導体を選んだ方がいいのです。


ただし、先ほども言ったようにビタミンC誘導体は刺激や乾燥を感じやすいので、過去に化粧水などがしみるような経験のある方は、刺激の無いプラセンタなどを配合したコスメがいいでしょう。


>参考:ニキビ跡の赤みや色素沈着に効く化粧水


コスメを選ぶときに、ついつい人気のものばかりに目が行きがちですが、自分にはどの成分が合っているか?という疑問に答えるためにも、自分のお肌の症状をしっかりと把握することが大切になってくることを忘れないでください。


ニキビ跡の色素沈着にはどのビタミンC誘導体を選べばいい?

化粧水

先ほども説明したように、ビタミンCがコスメに配合されるときには酸化を防ぎ肌に浸透させるために、多くのコスメで誘導体という形をとっていますが、実は1つではなく性質の異なる数種類のものがあるのです。


また、最近では肌に浸透しやすい成分で作られたマイクロカプセルによってビタミンCを包むことで、誘導体にしなくても肌に直接ビタミンCを届けることができるようになり、これをピュアビタミンCと呼んで区別しています。


では、それぞれがどのような特徴をもち、ニキビ跡の色素沈着にはどれを選ぶべきなのかというところを説明していきましょう。


まず、どのような種類があるかというと、主なものは全部で4種類あります。


誘導体としては、水溶性、油溶性、水溶性と油溶性の両方の性質を持ったAPPSと呼ばれるものの3種類、そして先ほど紹介したピュアビタミンCの計4つです。


水溶性ビタミンC誘導体

水

ドラッグストアなどで比較的安価で売られているコスメに配合されているもので、一般的にビタミンC誘導体と言えば水溶性のものを指します。


特徴としては、即効性はあるけど水を弾くという肌の性質から浸透しにくいという欠点があります。


そのため、比較的皮膚の表面の炎症であるニキビ跡の赤みや、ニキビそのものに適していると思います。


また、皮脂抑制作用が強く刺激を感じやすいという面もあるため、敏感肌や乾燥肌の方には不向きです。


油溶性ビタミンC誘導体

油

これは先ほどの水溶性のものとは逆に、水ではなく油に溶ける性質に改良したものなので、主にクリームなどの油分の含んだコスメに配合されています。


特徴としては水溶性のものと真逆で、肌に浸透しやすく、じわじわと効果を発揮していきます。


即効性がないため水溶性のもののような刺激を感じにくく、油分を豊富に含むため乾燥することもありません。


ただし、主にクリームやオイルなどの油分がたっぷりと配合されたものに使用されるため、べとついたりして使い心地がいまいちであることが多く、あまり一般的ではありません


APPS(アプレシエ)

水と油

これは水にも油にも溶けるという、ちょうど上記2つの性質の間を取ったようなもので、開発したメーカーの商標からAPPS(アプレシエ)と呼ばれます。


水溶性のような即効性をもちつつ、油溶性の特徴である肌への浸透力があり刺激が少ないという2種類の性質を併せ持っています。


水にも溶けることから一般的に化粧水に配合されているため、オイルやクリームが苦手な人でも大丈夫です。


浸透力が高いので、炎症がひどく深い部分にまで到達している場合や、メラニン色素のように角質の内側でのトラブルに適していると思います。


以上のように、最もバランスが取れているAPPSがニキビ跡の色素沈着にはぴったりだと思います。


ピュアビタミンC

ピュアビタミンC

これは最初に触れた通り、ビタミンCそのものを肌に浸透しやすいマイクロカプセルで包んだものです。


基本的には水溶性なので、最初に説明した水溶性のものと同じ性質ですが、誘導体よりも高い効果が期待できます


その理由は、誘導体に比べて余計なものが入っていないからです。


どういうことかというと、肌にビタミンCを使用する場合、本当は効果を発揮するビタミンCだけを肌に入れたいのですが、それができないために仕方なく余計なものを加えて誘導体という形にしていたのです。


しかし技術の進化によってビタミンCそのものをお肌に浸透させることができるようになったため、混じりっ気のない高濃度のビタミンCを肌に届けることができるようになったので、誘導体よりも効果が期待できるというわけです。


ただ、水溶性であるためにどうしても刺激が強いため、まずは刺激の少ないAPPSの使用を検討してみる方が間違いないと思います。


ニキビ跡の色素沈着にぴったりのビタミンC誘導体化粧水ランキング

サイクルプラス

APPSの効果を最大限に活かすために2剤式を採用した化粧水

APPSをもっとも効果的な状態にするために、使い始める直前にAPPSの粉末を加えて使用する斬新な化粧水です。APPSだけでなく、ターンオーバーの改善やハリをもたらすことが期待できるEGFやFGF、さらに5種類のヒアルロン酸などを豊富に配合。


初回限定で、化粧水に1週間分のサンプル4点(メイク落とし・洗顔料・乳液・クリーム)を合わせたものが半額以下で買えるお得なセットです。APPSが肌に合うか不安な方はまずはサイクルプラスの使用を検討してみることをおすすめします。


価格/月 返金保証 評価

2,800円+税
※初回のみサンプルセット付


サイクルプラス公式サイト


 


APP-Cフラセラム

広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発

皮膚科医と共同で作ったAPPS配合美容液。さらにビタミンCの約170倍の強い抗酸化作用を持つフラーレンを配合しているため、シミやシワ、炎症の原因となる活性酸素を強力にケアしてくれます。


また、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムも配合しており、ニキビ跡の色素沈着はもちろん、まだ赤みが残っている方のスキンケアにも適しています。


価格/月 返金保証 評価

初回5,600円+税
2回目以降6,800円+税
※4ヶ月定期コース





APP-Cフラセラム公式サイト フラセラム


 


シーボディ

APPSをさらに改良して浸透力を上げたVC200を配合

通常のビタミンC誘導体の100倍と言われるAPPSの浸透力をさらに高めたVC200を使った化粧水・美容液・クリームのお試しセットです。30日間の返金保証や本品購入時に使える20%OFF券なども付いていて、とてもコスパのよい内容になっていて文句の付け所がありません。


ただ、肝心の本商品が高価でトライアルセットと同様の3点を揃えると1ヶ月当たり2万円を超えてしまうところが悩みどころです。この点を許容できるのであればとても魅力的な商品だと思います。

価格/月 返金保証 評価

1,800円+税

30日間以内全額返金


VCスターターセット公式サイト