ニキビ跡の色素沈着は自然治癒は無理?レーザー治療しなきゃだめ?

色素沈着したニキビ跡は自然治癒するの?

困った

ニキビが治って数ヶ月経っているのに色素沈着が消えない、それどころか薄くもなっていない・・・そんな状況が続くと


このまま自分でケアをしていて本当に自然治癒するのかな・・・やっぱり病院で高額な治療なんかを受けないといけないんじゃない?


という不安な気持ちになってしまうこともあると思います。


自分が良かれと思って実施しているスキンケアだけだと、なんとなく時間だけが過ぎてしまっているだけなんじゃないか、という思いが込み上げてくるものです。


不安になればなるほど、ついレーザーのような高額な治療を受けた方がいいんじゃないかと思ってしまうものです。


でも、安心してください。


基本的にニキビ跡のように炎症が原因の色素沈着であれば、時間はかかりますが高額な治療をしなくてもスキンケアなどで治すことが可能です。


ただ、できるだけ早く治すためには正しいスキンケアや規則正しい生活習慣など、内外面からしっかりと治癒を促進するためのアプローチを実施する必要があります。


もちろん、スキンケアのように細々としてことを一切やりたくないという方はレーザー治療などを考えてみてもいいと思いますが、やっぱり費用がネックになるし、意外かもしれませんがレーザー治療をしたからといってすぐに治るわけじゃありません


そのため、


  • 自宅でスキンケアしていて治るの?
  • レーザー治療を受けた方が良いんじゃないか

と不安になっている方に、レーザー治療のメリットやデメリット、そしてニキビ跡の色素沈着をできるだけ早く自然治癒するために必要なスキンケアなどについて理解して頂いて、高額な費用を出す必要があるのかを判断するための参考にしてもらえればと思います。


レーザー治療をすればニキビ跡の色素沈着はすぐに治る?

メリットとデメリット

ニキビ跡をこのまま自宅でケアしていて本当に治るものなのかとモヤモヤしたまま過ごしていると、どうしてもレーザー治療のような高等技術を使った治療をすれば、すぐに治って悩みも解決するんじゃないかと思ってしまいがちです。


どんなにも言えることですが、結果が思わしくないと自分の選ばなかった道に希望を託してしまうものです。


ここで、あなたはレーザー治療にどんなメリットやデメリットがあるのか知っていますか?


なんとなく良さそうというイメージがあるけど、詳しく知ってみると想像と実際の効果に差異を感じる方が多いのも事実だと思います。


治療費が高いために多くの方がすぐに効果が現れる(高いからそうあって欲しい)というイメージを持っていると思いますが、初めのところでも触れたように実際にはレーザー治療であってもすぐに色素沈着が消えるわけないのです。


ニキビ跡の色素沈着を治すにはどうしても時間がかかるため、我慢しきれずに即効性がありそうなイメージのある高額な治療を受けて後悔しないように、しっかりとどんなメリットデメリットがあるのかを理解して、施術を受けるのか、それともスキンケアなどによって自然治癒を目指すのかを選択するようにして下さい。


レーザー治療のメリット

  • スキンケアで治らないものが治る

レーザー治療にはいろんなメリットがあるようなイメージがありますが、基本的に自然治癒しないものを消すことができるというのが唯一のメリットでしょう。


例えば、生まれた時からあるアザやホクロ、さらに老人性のシミはスキンケアでは治せないものなんですが、特定の色に反応するレーザーによって色づいた細胞そのものを破壊することによってのみ消すことができます。


言い方を変えると、スキンケアによって改善が見込めるものについては治癒までの期間を短縮できる可能性はあるものの、それほどメリットがないということです。



レーザー治療のデメリット

  • 費用が高い
  • 意外と時間がかかる
  • 再発を防げるわけじゃない

まず、誰もがイメージする高額な費用が一番のデメリットといっても良いでしょう。


実際、美容皮膚科でレーザー治療などをする場合、種類によりますがだいたい1cm×1cmの範囲で1万〜3万程度、しかも1回の施術で綺麗になるわけではなく、3回以上受ける必要のあることが多いので、それなりに費用が掛かってしまいます。


もちろん色素沈着の範囲が広いほど費用がかさむので、症状がひどい方の場合は20万円以上かかってしまうこともよくあることです。


次に意外なデメリットが効果が出るまでにかかる時間でしょう。


何となくレーザー治療をすればすぐに肌が綺麗になるような感じがしますが、細胞をレーザーで焼くので実際には施術後しばらくは局部的な火傷のような状態が続き、肌の負担を考えるとだいたい月に1度しかできない施術を複数回やる必要があるので、完全に消すまでには3ヶ月以上の期間がかかるのが一般的です。


そして最後も重要なんですが、レーザーで色素沈着を消すことができるといっても再発を防げるわけじゃないということです。


つまり、もし今あるニキビ跡が消えたとしても、今後一生キレイな肌が続く保証は無いということを頭に入れておかなければなりません。


以上のようなことをしっかりと考慮しても治療受けるということであればいいと思います。


ただ、基本的にはスキンケアでは消すことができないような色素沈着を消せることが最大のメリットであるので、最初にも触れた通りニキビ跡の色素沈着のように時間の経過によって十分改善が期待できるものについては、高額な費用や再発などのデメリットの方が大きくなりがちだと思います。


そのため、まずは外側からのスキンケアや内面からの改善を実施してみたほうがいいのではないかと思います。


もちろん、すでに1年以上頑張ってケアしてきたけど一向に消える気配がないという方はレーザー治療を受けてみるのもいいでしょう。


ニキビ跡の症状に合った対策を選択することが大切

理解する

すぐにキレイな肌を手に入れたいからレーザー治療に興味があるということは、よほど切羽詰まっている状況なのだと思います。


できるだけ早く消してしまいたい!と思う気持ちはわかりますが、余り短期的な結果を求めすぎると、結局同じことの繰り返しになりかねません。


私も、ずっとニキビができやすい体質だったので、やれ「修学旅行までには」とか、「気になる人との飲み会があるからそのときまでには」とか、「友達の結婚式に出席するからそれまでには」などと、結局は大人になるまで短期的な解決ばかりに目を向けてきました


しかし、それでは一生頑張っても新たなニキビ跡が繰り返しできてしまうだけです。


根本的に治すためには、まず自分の症状を把握して適切な対策を取る必要があります


ニキビ跡の色素沈着といっても定義が曖昧で、人によって赤みだったり、黒っぽいシミを指していたりいろいろだと思います。


まずは自分の症状がどれに当たるのかそれがどんな状態でどのような対策が必要なのか、しっかりと理解することが大切です。



上記のうち、自分のニキビ跡に該当する部分をしっかりと読んで頂ければ、今の症状がどんな理由によるものなのか、どんなスキンケアをするべきなのかしっかりと把握できると思います。


ただし、上記は主に外部からのアプローチになりますので、それに加えて内面からもしっかりと改善することが必要です。内面の改善と言うのは、肌が新しい皮膚を作って古い皮膚を剥がすと言う新陳代謝機能、つまりターンオーバーと言われるものを正常な状態に整えてあげることです。


それについては


 >参考:ニキビ跡の色素沈着を消すにはターンオーバーの改善が大切!


に詳しく書いていますので、こちらもしっかりと把握してニキビができやすい肌をできにくい肌になるように長期的に取り組んでみましょう。


ニキビ跡を治すには自然治癒できる肌になることが大事

安心

ニキビ跡が色素沈着してしまって、もう治らないかもしれないから美容皮膚科を検討してみようと思っている方、もちろんそういった選択肢もいいと思います。


ただ、色々と試してみたけど改善する見込みがない、というなら話はわかるのですが、根本的な肌質を変えようとせずに、いきなり今さえ良ければいいというような考え方で高いお金を払ってしまうのはもったいないと思ってしまうのです。


最近ではニキビ跡専用に作られた化粧水などもたくさん販売されており、しかもメーカー側も長期的に取り組む必要性を理解してか、2ヶ月以上の返金保証が付いているものもでてきています。


まだ20代や30代といった比較的若い肌であるならば、肌がもつ本来の力を回復させ自然治癒させるためにあと数ヶ月間努力をしてみてもいいんじゃないかと思うのです。


もしも自然治癒することができたならば、あなたの肌は根本からキレイに、そして強くなっていて、これから先ずっとニキビ跡などに悩み続けることはなくなるでしょう。