ニキビ跡の色素沈着に効く化粧水

黒いニキビ跡が全然消えない

なぜ

ニキビ跡が色素沈着して黒くなってしまっても、基本的には日焼けなどと同じでターンオーバーによって排出されてしまえば元の肌の色に戻るはずですね。


それなのに、何ヶ月経っても一向に消える気配がない悩んでいる方も多いではないでしょうか?


もしかしたらそれは、ニキビの炎症によって発生したメラニン色素が通常存在する表皮よりも内側にある真皮に落ちてしまった可能性があります。


日焼けした時に皮が剥けるのは表皮と言われる肌のごく表面だけなので、何かしらの理由で黒くなった皮膚の細胞が表皮よりも内側の真皮には入り込んでしまうと、皮が剥けても改善されなくなってしまうのです。


そのため、このまま永遠にシミとして残ってしまうんじゃないかな・・・というように不安に思ってしまいますが、改善する余地は十分にあります


しっかりと元の綺麗な肌に戻すためにも、どんなケアをするべきなのか

どうしてそれをするべきなのか


をしっかりと理解しておきましょう。


ニキビ跡の色素沈着が真皮まで達する原因

まず、真皮の色素沈着といってもニキビ跡としてできるものは2種類あります。


  • ヘモグロビンによるもの
  • メラニン色素によるもの

ですね。


ポイント

1つ目の内容については「紫色に色素沈着したニキビ跡がなかなか消えない」という記事の中で詳細は書きましたので概要だけを説明すると、ニキビによる肌へのダメージが表皮を超えて真皮にまで達したことによって、毛細血管の一部が切れて血液が真皮内ににじみ出たものです。


完全に治るには時間はかかるのですが、一般的にアザと言われるものと同じで真皮内で不要な細菌や死んだ細胞を食べる白血球の一種であるマクロファージと呼ばれるものが、真皮内に盛れた血液の成分をしっかりと食べてきれいにしてくれるのでしたね。


続いてやっかいなのが2つ目のメラニン色素が真皮内に発生してしまうというものです。


通常はメラニン色素は表皮で作られます。だからターンオーバーを改善して排出することが改善の基本であることは別の記事でもお話してきました。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着を早く治すにはターンオーバーの改善が大切!


しかし、軽い炎症であっても長期間継続してしまうと、メラニン色素によって黒くなった表皮細胞の一部が真皮に落ち込んでしまうことがあるのです。


真皮に落ちたメラニン色素も、アザの場合と同様にマクロファージが片付けてくれるのですが、血液の成分よりも代謝するのに時間がかかってしまうため、まるで老人性のシミのように長期間消えなくなってしまうのです。


 >参考:炎症性色素沈着 | ニキビ跡が色素沈着してしまう仕組み

真皮に残った黒いニキビ跡はシミとして一生残るの?

大丈夫

ここまでの説明で、メラニン色素により染まった黒い細胞がターンオーバーの無い真皮に入ってしまうことでと簡単には消えない理由が分かったと思います。


ただ、皮膚内にいるマクロファージが片付けるのに時間がかかるというだけで、老人性のシミとは違って一生ものではないことがほとんどです。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由


加齢によって出てくるシミというのは、紫外線を繰り返し浴び続けたことで、肌の細胞の一部が壊れてメラニン色素を造りつづけてしまったり、メラニンを作る細胞自体が増えてしまったりする状態なので細胞を入れ替えない限り消えることは無く、一生ものになってしまうことが多いのです。


その点、炎症が原因である場合は、基本的に炎症を抑えてメラニン色素の生産を抑えれば、次第に色味は薄くなっていくのです。


ニキビ跡の色素沈着にはどんなケアが必要?

以上のように、ニキビ跡の色素沈着の場合は真皮に達してしまったとしても適切なケアをすれば時間が解決してくれるということは理解して頂けたかと思います。


そこで、改善するために必要な具体的なケアとしては、


  • 炎症を抑えること
  • 新たなニキビ(炎症のもと)を作らないこと

という色素を作り出してしまう根本的な原因をしっかりと抑えることが重要になってくるわけです。


シミなどのケアとなると何となく美白化粧品などを考えてしまうものですが、基本的にコスメが効果を発揮するのは表皮までです。


表皮には異物が侵入しないようにバリア機能があるため、いくら効果のあるコスメであってもほとんどのものが真皮まで入り込むことができません


そのため、真皮内のトラブルをコスメでケアするのは難しく、必要なのはこれ以上症状を悪化させないように、ニキビの再発防止や刺激をしないようにしつつ、ニキビによるダメージを受けた肌を健康な状態にして自然治癒力を高めてあげることなのです。


このような点から考えても、ニキビ跡の色素沈着の場合は一般的な美白ケアだけでなく、ニキビ跡用に作られた化粧水などでしっかりと炎症を抑えることが大事なのです。

関連ページ

ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らない原因
ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らないのは、原因が複数あるため対策が簡単ではないからです。そのため、どのようなことが色素沈着の原因になるかを知り、日頃から意識して治らなくしている原因を排除することが大切です。
炎症性色素沈着 | ニキビ跡が色素沈着してしまう仕組み
ニキビ跡が黒っぽく色素沈着してしまうのは炎症性色素沈着という炎症によってできるシミによるものです。治りにくいことを理解して長期的なケアを継続するためにもこの炎症性色素沈着について正しい理解が必要です。
ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由
ニキビ跡の色素沈着と老化によって現れる色素沈着(シミ)と同じように考えて治らないのでは?と心配している方もいるようですが、ニキビ跡と加齢によるシミは全く別のものです。それぞれの違いを知ってできるだけ早くケアをするようにしましょう。
ニキビ跡がほくろのようになってなかなか治らない時の対策
ニキビ跡は時間が経つと黒く色素沈着することがあるため、ほくろになっちゃった!と思う方もいるようですが、ニキビの炎症による色素沈着とほくろはちょっと違う性質のものですので、違いや対策について整理しておきましょう。