ニキビ跡の色素沈着にいい洗顔方法と洗顔料!

ニキビ跡の色素沈着ケアには正しい洗顔も重要

洗顔

ニキビ跡の色素沈着が出来てしまってどうにかしたいと考えている方で、洗顔に気を使っている方は少ないのではないでしょうか?


顔をしっかり洗ったからといって残ってしまったシミが落ちるわけではないので、それよりもその後の化粧水や美容液によるケアばかりに目が行きがちですよね。


しかし、正しい洗顔を実施することで色素沈着の予防と、すでにできてしまった色素沈着を薄くするよう促進させる効果が期待できるのです。


では、ニキビ跡の色素沈着に適した洗顔方法や洗顔料とはどんなものでしょうか?


主な点を挙げると次のようになります。


  • 炎症を抑える
  • 摩擦を軽減する

このようなことをしっかりと実現できるようなやり方を実践すること、そうするためにも適切な洗顔料選びが重要になるのです。


そこで、まずは顔を洗う時に気を付けることでどのように色素沈着の改善につながるのか、そして具体的な洗い方おすすめの洗顔料を紹介したいと思います。



色素沈着したニキビ跡に洗顔方法が大事な理由

まずは、ニキビ跡の色素沈着においてどうして洗顔にまで気を付けないといけないのでしょうか?


その理由は、意外と知られていないことなのですが肌を摩擦するような刺激によって


  • 毛穴が詰まりやすくなる
  • 色素沈着を誘発する

ということが起こり得るからなんです。


もちろん洗うわけですから、多少は擦って刺激をしてしまうのですが、あくまでも洗顔料で汚れを落とすのが基本で、直接顔と手が接触するような摩擦がよくないいうことです。


では、どうして摩擦によってこのような症状を引き起こすのか詳しく説明しましょう。


毛穴の詰まりを促進する

毛穴

かかとの角質が厚くなってひび割れてしまうという経験がある方も多いと思いますが、これは体重を支えたり、ヒールなどを履くことで受ける強い刺激を緩和したりするために角質が厚くなりやすいためなんです。


実は皮膚というのは強い摩擦などによって刺激され続けると、外部からの刺激を防ごうという防衛機能によって角質を厚くしようとするという性質があるのです。


そのため、洗顔やスキンケアにおいても力を入れることがクセになっていると気付かないうちに角質が厚くなってしまうのです。


通常、角質というのは古くなると垢として剥がれ落ちるものなんですね。


しかし、角質を厚くするためには古く角質を残し続ける必要があります。


古くなった角質というのは、水分が少なくなって弾力が失われているため、このようなものが毛穴の周囲に厚く堆積すると、当然毛穴がふさがれやすい肌になるわけです。


色素沈着を誘発する

シミ

また、擦るような刺激によってシミのようになってしまうことがあるあるのです。


洗顔くらいの刺激なんて大したことないと思うかも知れませんが、ニキビや炎症が残っている肌というはバリア機能が低下しているためにすごく敏感な状態になっていることが多いのです。


そのため、比較的弱い刺激であっても症状を悪化させてしまうのです。


このように、摩擦というのはニキビやニキビ跡のある肌にとっては悪いことだらけなのです。

ニキビ跡が色素沈着した時の具体的な洗顔方法

炎症を抑える

どうして色素沈着したニキビ跡が残っている場合に洗顔に注意を払うべきか分かったところで、実際にどうすればいいかという具体的なポイントについて紹介しましょう。


まず、基本的に症状を悪化させないためには刺激を避けることが必要ですね。


また、できることなら炎症がそもそもの原因ですから、刺激が少ないだけでなく炎症を抑えるような働きかけがあればベストですね。


以上のようなことを可能にするための洗顔方法として求められるのは


  • 豊富な泡で洗うこと
  • 炎症を抑える成分の入った洗顔料を使うこと

の2つなのです。


なんとなくイメージできますか?ちょっとわかりにくいかもしれないので、もう少し詳細を説明しておきましょう。


豊富な泡を使って洗うこと

豊富な泡

ここまで説明してきたように、洗顔をするときのような動きは肌に摩擦を与えるため刺激になります。


そのため、炎症を悪化させたり色素沈着を引き起こしたりする可能性があるため、どうにかして摩擦を軽減する必要があるわけです。


そこで具体的にどうしたらいいのかというと、一番大切なのは洗顔時に手と顔の肌をじかに接触させないことなんです。


そうするためには必ず手と顔の間に豊富な泡が介在していることが重要になってきます。


しかも、ちょっと力を加えるとすぐに潰れてしまうようなものではなく、しっかりと弾力のある泡であるほどいいわけです。


普通の石鹸でいくら頑張って泡立てても、誤ってちょっと力を強くしてしまえば手と顔が接触してしまう程度の泡しかできないと思います。


しかし、洗顔石鹸によっては簡単にはつぶれない弾力のある泡を作ることができるので、どの洗顔料を選ぶかが大切なのです。


できれば抗炎症成分が配合されている洗顔料がいい

石鹸

ニキビ跡の色素沈着は炎症によってメラニン色素が発生してしまったことが原因です。


通常、シミであれば抗炎症成分などは必要ないわけですが、ニキビ跡の場合に限っては新たな色素沈着の原因となる炎症を抑えることも大切です。


そのため、洗顔後のケアで抗炎症作用のある成分の入ったニキビ跡用化粧水などを使うのもいいのですが、できればニキビ用の石鹸のように炎症を抑える成分が入った洗顔料も合わせて使用した方がいいと思います。


ニキビ跡が色素沈着した場合におすすめの洗顔料は?

ここまでで、ニキビ跡の色素沈着にとって必要な洗顔料及び方法について説明してきましたが、もう一度復習してみると


  • 炎症を抑える成分が入っていること
  • 摩擦を極力防げること

でしたね。摩擦に関しては洗い方も重要ではあるのですが、本当に細心の注意を払っていない限り、刺激をしないように洗うというのは難しいものです。だからこそ、弾力のある豊富な泡が作れるものがいいとお話ししました。


そこで、私がおすすめするのが「NonA(ノンエー)」という洗顔石鹸です。


ノンエーの公式サイトを見てみる


これはニキビ予防のために作られた石鹸で、抗炎症成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、しかも豊富な泡が簡単にでき、その泡の弾力も強いことからニキビ肌に悩む方に長い間人気の石鹸なんです。


もしも、ニキビ跡が気になっていて、しかもこれまで説明してきたようにニキビ跡にとって良くないやり方で洗っていると感じた方は、このニキビ用洗顔石鹸であるノンエーを使って肌に優しい洗顔を心がけてみるといいと思います。


ニキビ跡というと、化粧水や美容液ばかりが注目されていますが、もしも日々行っている洗顔方法に間違った部分がありそうならば、ちょっと気を使ってみるだけでニキビ跡の改善や予防につながるのではないかと思います。