ニキビ跡の色素沈着の治す方法

ニキビ跡の赤みや色素沈着を治す方法

ニキビ跡というのは症状が1つではなく、損傷の深さや進行具合によって色合いなどが変わってきます。


そのため、症状ごとにどのような違いがあるのかを知り、状況に合わせて治すための方法を選択していけるように、症状ごとの特徴やケア方法を紹介します。


赤みの残った跡

赤み

赤みの残ったニキビ跡というのは比較的初期の状態で、勘違いされやすいのですがまだ色素が沈着していない状態です。


そのため、できるだけ早く正しいケアをして赤みのもとである炎症を抑える必要があるのですが、様々な理由で長引きやすく、放置しておくと紫や黒に色素沈着してより目立つようになってしまうので注意が必要です。


ニキビ跡の赤みが消えない!これって色素沈着なの?


紫色の跡

紫色

この状態になるのは、ニキビの損傷が肌のより深いところにまで達してしまったことが原因です。


そのため、赤みの時よりも治すのに時間がかかりますが、決して治らないわけではありません。


すごく目立つ色であるため隠すのも難しいのですが、どうしてこんな色になってしまうのか、どのように対処をするべきなのかをしることが大切です。


紫色に色素沈着したニキビ跡がなかなか消えないのはどうして?


茶色や黒になった跡

黒や茶

ニキビ跡が黒っぽくなるのはメラニン色素が関係しています。


意外かもしれませんが、私たちの皮膚は炎症を起こすとメラニン色素を発生させてしまうという性質があるのです。


この状態は赤みや紫色とは根本的に違うのですが、見た目は黒っぽくてもまだ炎症が潜んでいることもあるので、とても複雑な状況になっていることもあります。


ニキビ跡の茶色や黒の色素沈着を改善するために必要なことは?