ニキビ跡の色素沈着にイオン導入の効果は?

ニキビ跡の色素沈着に効果の期待できるイオン導入について

紹介

ニキビ跡の色素沈着を美容皮膚科で治療する場合に行われる方法の1つとして、イオン導入というものがありますね。


最近ではコンパクトな美顔器などを使って自宅でもできるようになったため、ニキビ跡に限らず普段のスキンケアにも取り入れている方も多くなっているでしょう。


でも、実際にイオン導入というものがどんなもので、どうして効果が期待できるのか、といったことは意外と知らない方が多いのではないでしょうか?


何となくイオン導入という言葉の響きや、機械を使うというハイテクなイメージだけが先行している感じがしますが、実施した後に期待ほどじゃなかった、なんてことにならないようにしっかりと概要を知っておく必要があるのです。


そのため、イオン導入のメカニズムや価格などについて、紹介していきましょう。


イオン導入の仕組みと効果

イオン

まずは根本的なことなんですが、イオン導入って肌にどんな効果をもたらしているのでしょうか?


まあ、これは何となくイメージできている方が多いと思いますが、簡単に言うと「電気を流すことで美容成分を皮膚の深い部分に浸透させるもの」ですね。


ただ、実際にやったことがある方なら分かると思うのですが、美容成分が浸透していると言われても、実際のところどうなっているのかは見えないし、体感することもできません。


そのため、やってみると本当に浸透しているのかな?と疑問に思う方もいると思うので、どんなメカニズムなのかを簡単に紹介しておきましょう。


メカニズムはイオン導入という名前の通りで、美容成分を分解して電気の力で浸透させているのです。


イオンって学校の授業で出てきたと思いますが何か覚えていますか?


イオンにするということを分かりやすく言えば、美容成分を+(プラス)の電気を持ったものと-(マイナス)の電気を持ったものに分けるということです。


塩などを水に入れてかき混ぜると溶けて見えなくなりますが、これはナトリウム(+)と塩素(−)というイオンに分解されたために、塩ではない無色のものになり見えなくなったのです。


同じように、化粧水などに溶かされた美容成分はイオンに分解されて見えない状態なんですね。


そのような化粧水を肌に乗せた状態で電気を流してあげると、皮膚は電気を通すためマイナスの性質を持つ美容成分だけが電流の流れに乗って皮膚の中に浸透していくわけです。(電気が流れるとマイナスの電子だけが動き、プラス側は動きません)


このように、美容成分をイオン(+と−)に分解して、電流で皮膚の内部に導くことを「イオン導入」と言うわけなんです。


ニキビ跡のある肌に美容成分を塗るだけじゃダメ?

疑問

イオン導入の仕組みを理解していくと、化粧水や美容液を塗るだけでも浸透するんじゃないの?と思う方もいるでしょう。


意外と多くの方が勘違いしているのですが、化粧水などは実は皮膚の表面に載っているだけで浸透していないのです。


一部の方はパッティングなどで皮膚に吸収されると思っているかもしれませんが、私たちの肌の表面にある角質層にはバリア機能というものがあって、外部から不要なものが侵入しないように防いでくれています。


一般的に水溶性のものは皮膚の表面から内側に入ることができません


(ビタミンC誘導体のように浸透するように作られたものや油溶性のもの(クリームなど)は、イオン導入ほどではないにしてもある程度皮膚に浸透することができます。)


そのため、化粧水などの水分は基本的に皮膚に浸透することができません。


でも私たちの身体は電気を通す性質があります。


この性質をうまく活かして、水溶性の美容成分を電気的な性質を持つイオンに変えて微弱な電気を流すことで、本来必要としている肌の内部に浸透させることができるのです。


ただ、なんでもかんでも電流を流せば浸透するわけではありません。


皮膚のバリア機能を通り抜けるには、イオンが大きすぎてはダメなのです。


そのため、イオン導入に使われる美容成分は一部のものに限られていて、もっとも多く使われるのがビタミンC誘導体ですね。


ビタミンCは抗酸化作用や抗炎症作用、さらにメラニン色素の抑制する効果やコラーゲンの生成を促進させる効果が期待できる成分です。


ニキビ跡の色素沈着は炎症によって誘発されたメラニン色素が原因でしたね。


 >参考:ニキビ跡の茶色や黒の色素沈着を改善するために必要なことは?


メラニン色素は皮膚の内部で作られてターンオーバーによって徐々に表面に排出されるため、美容成分を皮膚の表面に塗るよりも、内部まで浸透させた方が効果が高いわけです。


そのため、メラニ色素が原因であるニキビ跡の色素沈着一般的なシミ、さらには炎症が原因であるニキビ跡の赤みのケアにもビタミンC誘導体のイオン導入が用いられるのです。


ニキビ跡の色素沈着にイオン導入をすることによるデメリットは?

デメリットは?

イオン導入をやってみたいと考えている方の中には、何かデメリットは無いのかと心配になってしまう方もいるかもしれません。


基本的には肌が荒れるようなこともありませんし、施術後すぐにメイクをしてもいいくらいなので、直接肌に何かデメリットを与えるようなことはないでしょう。


ただ、個人によって感覚的な違いがあるので、以下のような点に不満を感じる方もいるかもしれません。


  • 時間がかかる(即効性は期待できない)
  • それなりの値段がする
  • 効果の実感を得にくい

というものですね。


まずはやっぱり気になる価格や回数ですが、美容皮膚科で行う場合のだいたいの目安としては


  • 1回あたり30分程度の施術で3,000円〜5,000円
  • 1〜2週間に1回実施
  • 効果を得るためには3ヶ月〜半年継続が必要

なので、10回実施すると考えると、総額で4万円前後の費用と半年という期間がかかってしまう可能性があるのです。


さらにイオン導入の効果を上げるためには、余計な角質を除去するためにケミカルピーリングも合わせ実施することが多いので、さらに費用がかさみます(敏感肌だとこのピーリングができないことがネックになる可能性があります)。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着はピーリングで消すことができる?


まあ、完全に治るなら費用面は気にしないとしても、3ヶ月〜半年という結構長い時間がかかると言うのはデメリットと感じる方も多いでしょう。


余程ひどい症状であれば別ですが、ニキビ跡の色素沈着なら半年も時間をかければ自宅でのスキンケアだけでもターンオーバーによってそれなりに綺麗になる方も多いでしょう。


そのため、イオン導入はニキビ跡の色素沈着を消し去るための治療というよりは、肌の奥に美容成分を届けることで健康な肌をじっくりと育てるものです。


もちろんその結果としてターンオーバーなども活発になり、色素沈着が綺麗になっていくことも期待できますが、基本的には補助的なものと考えた方がいいでしょう。


まとめ

解説

美容皮膚科でのイオン導入は、ニキビ跡の色素沈着に効果的な成分であるビタミンCを普通の化粧水などで塗るよりも深く浸透させることが可能なため、自宅でのケアよりも高い効果が期待できます。


ただし、即効性があるわけではなく、それなりの費用も掛かるので、個人的にはまずは自宅でのケアをやってみた方がいいと思います。


そもそも、ニキビ跡の赤みや色素沈着は余程ひどいものでない場合は、肌の極表面で起こっているトラブルであることが多いため、美容成分を浸透させる必要があるのかも微妙なところです。


ビタミンC誘導体であれば一般的な化粧水でもある程度は皮膚に浸透することができるので、まずは自宅でビタミンC誘導体を使った化粧水や美容液を使ってケアを継続してみるといいでしょう。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着に効くビタミンC誘導体を配合した化粧水


さらにお肌の自己修復能力であるターンオーバーをしっかりと改善させるために睡眠や食事などにも気を付けてみて下さい。


そのような基本的なケアを1〜2ヶ月続けても何の改善も見込めないのであれば、そこで初めて美容皮膚科で高額な治療を受けても遅くないと思います。


まずはできることを実施してみて、それでも治らなかったり、そもそも症状があまりにもひどくて生活に影響がでるような場合に、イオン導入意外の施術も含めて病院に相談してみるといいと思います。