ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノン

ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンがおすすめ

漂白

ニキビ跡の色素沈着に悩む方で真剣にいろいろと調べた経験があるなら、ハイドロキノンという美白成分の名前を必ず目にしたことがあるでしょう。


ハイドロキノンというのは肌の漂白剤と言われるほどの強い美白効果があり、今やシミ対策と言えばこの成分名が挙げられるほど有名になりました。


この美白成分が製品化される前には、日本ではビタミンC誘導体やアルブチンといったものが美白コスメの主流でしたが、ハイドロキノンはメラニン色素に対してビタミンC誘導体などの約100倍の効果があるとされているため、注目されるようになってきました。


では、この成分はニキビ跡の色素沈着の原因であるメラニン色素に対してどのように働くかと言うと


  • 生成を阻止する
  • すでにできてしまったものを分解する

という効果が期待できるのです。


美白成分の中にはメラニン色素の抑制、つまりシミのようになることを予防する効果しかないもの多いのですが、ハイドロキノンは予防だけでなく、できてしまったシミにも働きかけるのです。


そのため、ニキビ跡の色素沈着に悩んでいる方にも人気が高いのです。


では、メラニン色素の生成を抑えたり分解して色を薄くするメカニズム、またニキビ跡のケアに使用するときに注意するべき点などについて理解して、スキンケアに取り入れてみて下さい。。


ニキビ跡の色素沈着へのハイドロキノンの効果

要点

ニキビ跡が赤みの状態から黒っぽい色素沈着へ発展してしまうのは、日焼けと同じように体内に発生した活性酸素が原因です。


活性酸素による皮膚への害を軽減しようとして、活性酸素を体内に存在するチロシンというたんぱく質とくっつけて活性酸素の働きを抑えようとした結果メラニン色素ができるのでした。


 >参考:黒や茶色のニキビ跡の治し方!シミのように見える跡を改善


ハイドロキノンというのは、簡単言うとチロシンよりも先に活性酸素にくっついてメラニン色素の生成の邪魔をするのです。


さらに、チロシンはメラノサイトという細胞で生成されるものですが、ハイドロキノンは黒くなる原因のもとを作り出すメラノサイトそのものの稼働を止める力があるため、メラニン色素を抑制する力が他の成分よりも強いと言われているのです。


メラニン色素が作られるのを邪魔する効果のある成分はたくさんありますが、メラノサイトに直接働きかけるのはハイドロキノンくらいなのです。


また、すでに作られてしまったメラニン色素に対しても効果があるというのがハイドロキノンの大きな特徴でしょう。


これは先ほど説明したチロシンというたんぱく質が活性酸素と結びつく酸化作用とは逆の反応で、メラニン色素から酸素を引き離すという作用で還元作用と言われています。


チロシンが酸化されてメラニン色素になるまでに、実は3段階くらいに分けて徐々に無色から黒い色に変わってゆくため、その逆の作用である還元作用でもいきなり色素沈着が消えるわけではなくて、徐々に黒⇒茶⇒無色と薄くなっていくようなイメージで効果を発揮していくのです。


ハイドロキノンを使う時の注意点

注意

これまで説明してきたように、ニキビ跡の色素沈着にはハイドロキノンを使ったスキンケアをしていくべきでしょう。


しかし、ちゃんと考えなくてはいけないのができてしまったニキビ跡を消すだけじゃなくて、ニキビ跡ができないようにすることが一番重要であると言うことです。


例えば、ニキビ跡の色素沈着に悩んでいるという方の中でも、もう数年来ニキビ自体ができることは無くて、単にニキビ跡だけが残ってしまっているという方であれば、これ以上症状が悪化する恐れもありませんから、今あるシミのようなものを薄くするだけなのでハイドロキノンを選ぶべきでしょう。


しかし、現在でもニキビの再発が続いていて、炎症がまだ悪化する可能性があり、さらに色素沈着もあるというタイプの方は、ハイドロキノンを使って今残っているニキビ跡を消すことができても、炎症が継続しているためにそのうち新たな跡がてきてしてしまう可能性が高いわけです。


つまり、ニキビのできやすい肌を解決せずに色素沈着を消すなんて本末転倒なのです。


しっかりと自分の肌のタイプを考えて


ニキビの再発は「もうない」 or 「まだ続いている」

のどちらに該当するのかをしっかりと認識することが大切です。


そして、前者であればハイドロキノン配合の美容液などはとても有効になるでしょう。


人気のハイドロキノン配合美容液はコチラ


後者であれば先ほど説明したとおりで、一時的には綺麗になるかも知れないけど根本的な解決にはならないわけです。


もしもあなたがニキビの再発を繰り返しているるならば、単にシミなどを消すためのスキンケアをするだけでなく、色素沈着の前段階である炎症を抑制しつつ、ニキビのできやすい状態の肌を正常にするためのケアなどをトータルで実施することができるニキビ跡用の化粧水の使用を検討してみるといいと思います。


関連ページ

ニキビ跡にビタミンC誘導体!赤みと色素沈着を両方ケア!
ニキビ跡には赤みの原因である炎症や、色素沈着の原因であるメラニン色素などを総合的にケアしてくれるビタミンC誘導体がぴったりです。そこで、ビタミンC誘導体のニキビ跡への効果やおすすめの化粧水などを紹介します。
ニキビ跡の色素沈着にプラセンタが効果的!
プラセンタと聞くと老化対策のイメージがありますが、とても幅広い効果があるため実はニキビ跡の色素沈着にもすごく効果的なのです。では、プラセンタにどんな効果があって、どのようにニキビ跡の色素沈着に働きかけるのでしょうか?
ニキビ跡の色素沈着に効果的な美白化粧品の選び方
ニキビ跡の色素沈着には美白化粧水や美容液がいいと言われますが、美白コスメの中でも症状によって選ぶべきものが異なるのです。そのため、症状ごとに必要な効果や成分について理解して、自分にあった美白コスメの選び方を知ることが大切です。
ニキビ跡の色素沈着にいい洗顔方法と洗顔料!
ニキビ跡の色素沈着を改善するためのケアとして、シミを消す美容液などの情報は多いですが、洗顔そのものはあまり取り上げられることはないですよね。でも、色素沈着の予防及び改善のために洗顔方法や洗顔料を見直すことはすごく重要なんです。
ニキビ跡の色素沈着にも保湿は重要!
ニキビ跡の色素沈着した場合でも保湿は重要な役割をしてくれます。基本的にニキビによるダメージで肌のバリア機能が衰えているため、外側から修復するためのケアをすることで、ニキビ跡の悪化を抑えることができるのです。