ニキビ跡の色素沈着にも保湿は重要!

ニキビ跡が残りやすい人ほど保湿が大切

保湿

ニキビ跡が赤みや黒いシミように色素沈着してしまってどうにかしたいと悩んでいる方は、何かしら治すための特別な方法が必要なんじゃないかと思って情報を探している方も多いと思います。


でも、実際には保湿というスキンケアの基本中の基本がとっても大切だったりするのですが、日頃なんとなくやっているだけなので保湿そのものが軽視されがちです。


今や女性だけでなく男性でも洗顔後に化粧水などを使うことがごく普通のことになっているために、当たり前すぎてそもそもどうして必要なのかどんなコスメを使うべきなのかよくわかっていないものです。


実際、保湿をするといっても化粧水や乳液、美容液などいろいろなものがありますよね。


使うコスメの種類によって同じ保湿でも効果が微妙に違ったりするのです。


例えば、単純に水分を補給するものから、潤いを逃がさないように油分を補給するのもすべて保湿と呼んでいます。


ここで言うニキビ跡を改善するために必要な保湿というのは、外部からの刺激などを緩和する肌のバリア機能を修復するための保湿を意味しています。


詳しくは後述するとして、まずはニキビ跡の残った肌に保湿が重要なのは、肌を守る力を保ったり修復する必要があるからと覚えておいて下さい。


それで、はどうして保湿をすることでバリア機能を修復することができるのかニキビ跡を治すこととどう関係があるのかまたどんなコスメを使うべきなのかというところを知って、できるだけ早く治るように毎日のケアに取り入れていきましょう。


ニキビ跡に化粧水を塗るだけではそれほど保湿効果は期待できない

化粧水を塗るだけじゃダメ

ニキビ跡にとってどうして保湿が大事なのかについて知る前に、そもそもどうして洗顔後に化粧水を使って保湿をするのでしょうか?


一般的に洗顔後にまず顔に塗るのが化粧水ですよね。この化粧水と言ってもいろいろな種類があって、例えば、美白化粧水とか、ふき取り化粧水などがあってそれぞれ目的が異なりますよね。


通常は化粧水と言うと、洗顔後に水分を補給する目的でパシャパシャとつけるものをイメージしますよね。


みんなが毎日やっている一般的な保湿は、ニキビ跡のケアに求められるバリア機能に働きかけるようなものではなく、「水道水よりも乾きにくい成分の入った水を肌に塗ることで一時的に乾燥しにくくするだけ」なのです。


例えば、保湿力を売りにした市販の化粧水に多く使われている成分としてヒアルロン酸があります。お肌に潤いを与えてくれるものとして名前くらいは聞いたことがあると思います。


このヒアルロン酸は、もともと皮膚の内側にある真皮に存在しているもので、お肌の内部のみずみずしさを保つために不可欠な成分です。


多くの方が普段使っている化粧水には、ヒアルロン酸のように体内で潤いを保つ働きをする成分が配合されているため、もし一時的に潤いが失われたとしてもしっかりと化粧水を塗れば水分を補給できるような気がしますよね。


しかし、実際には元々皮膚の内部にある成分の多くは、肌の外側から塗っても浸透することができません。


例えば、先ほど例として挙げたヒアルロン酸も、皮膚の中で潤いを保つ働きをしてくれているのですが、いくら塗り込んでも弾かれてしまって本当に必要な真皮には到達できません


なぜなら、皮膚の表面にある表皮には角質層という外部からの侵入を防ぐバリアがあるからです。


それでも何となく潤っているような気がするのは、水分をたくさん保持できる性質を持ったヒアルロン酸が肌の表面に付着することによって、普通の水をつけるよりも水分が蒸発しにくくなり、急な乾燥を防げるというだけなのです。


つまり、多くの方が使っている化粧水は、一時的に乾燥を防ぐという意味で必要なことではあるものの、いくらたくさん塗ってもニキビ跡の色素沈着の根本的なところに効果があるわけではないのです。


よって、ニキビ跡に保湿が必要だと聞いて、何となく今使っている化粧水をパシャパシャと多めに塗っていても、何の効果もない可能性が高いのです。


ニキビ跡の色素沈着をケアするのに必要な保湿とは?

説明

一時的な水分補給に過ぎない化粧水をたくさん塗ったところでニキビ跡のケアとしてはそれほど効果が期待できないと書きましたが、ではニキビ跡を早く治すためにはどのような保湿が必要になってくるのでしょうか?


ここでポイントとなるのが角質層なんです。


角質層というのは私たちの肌の表面にある、ほんの0.02mmというすごく薄い膜のことで、最終的には垢として剥がれ落ちる皮膚の一歩手前のものです。


この角質層という膜が、外部の刺激から皮膚を守るバリアとしての機能と、皮膚の内部にある水分を保持するという2つの重要な役割をこなしてくれているのです。


角質層の構造については「ニキビ跡の色素沈着を早く治すにはターンオーバーの改善が大切!」という記事の中でも少し書きましたが、まるでレンガのように規則正しく肌細胞を並べたな構造になっています。


細胞同士を並べただけではどうしても隙間ができてしまうため、外部から異物が侵入してしまったり、内側の水分が逃げてしまったりして乾燥しやすくなってしまいます。


そのようなトラブルを防ぐために、健康な肌であれば細胞の隙間を油分と水分が上手に埋めてくれているのです。


このときの油分の働きが重要で、細胞の隙間にある水分を油分が挟み込むような構造を取ることで、角質層の中の水分が保持されて潤いや弾力を保つことができ、さらに角質層のさらに内側の水分を保持したり、外部からの異物の侵入を防いだりすることができているわけです。


しかし、不規則な生活を続けたりして肌の新陳代謝が衰えて古い角質層が残り続けたり、ニキビによるダメージや間違ったスキンケアなどによって肌が傷んだりすると、角質層に必要な油分が不足して肌の細胞同士に隙間ができてしまうため、うまく水分を保持することができずに乾燥肌になったり、バリアとしての機能も衰えてしまうために刺激に対して敏感になってしまうのです。


このような状態になると肌は刺激に弱くなっているため、日常のスキンケアなどによるちょっとした刺激でニキビ跡の赤みのような炎症が治りにくくなったり悪化したりして、黒っぽい色素沈着に発展しやすい肌になってしまうのです。


 >参考:黒や茶色のニキビ跡の治し方!シミのように見える跡を改善


さらに、一度バリアとしての機能が低下してしまうと、少しでも刺激を軽減しようという自己防衛機能によって角質層の厚みを増そうとするため、毛穴が詰まりやすくニキビが再発しやすい肌になってしまうのです。(参考:バリア機能の低下


角質を厚くするにはターンオーバーを遅らせて古くなった角質を残しておく必要があるため、結果として毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの再発による炎症の悪化を招いてしまうことになるのです。


そのため、ニキビ跡を早く治したり症状を悪化させないようにしたりするためにも、角質層がバリアや水分保持という役割を果たすために不可欠な油分を維持するためのケアが必要になってくるのです。


色素沈着したニキビ跡ケアに適した保湿を実践するための具体的な方法

化粧水

ニキビ跡は主に肌のバリア機能が低下しているために治りにくく、悪化しやすい状態になっているため、バリア機能を高めるために必要な角質層の油分を維持するための保湿が必要であるということは分かって頂けましたでしょうか?


では角質層に油分を維持するためにはやるべきこととしては、


  • セラミドの補給
  • ターンオーバーを促進するスキンケア

という2つが重要なんです。


角質層がしっかりと役割を果たすためには油分が必要であるといいましたが、この油分というのが一般的にセラミドと言われる脂質なんです。


そのため、セラミドを配合している化粧水や美容液などを使用して、不足している油分をしっかりと補ってあげるというのが必要なスキンケア方法の1つですね。


そして、もう1つは必要な油分を与えてあげるのではなく、ちゃんと必要な油分を自ら作り出せるような肌を作るために肌のターンオーバーを促進してあげるということです。


角質層に必要な油分が無くなってしまう原因として、古い角質が残り続けてしまっているということが挙げられます。


新鮮で健康な角質層ならば通常は油分が不足するようなことはありませんが、ニキビのダメージや不規則な生活習慣などによってターンオーバーが乱れて古い角質が残り続けてしまうと、どうしても本来あるはずの油分や水分が失われてしまうのです。


そのため、不足しているものを補って上げるのもいいのですが、根本的な解決のためには自らの自然治癒能力を取り戻してあげることが重要になってくるわけです。


よって、セラミドを補うような保湿もいいのですが、できれば肌のターンオーバーを正常に戻してあげるためにも、新陳代謝を高める効果のあるプラセンタなどの成分を配合した化粧水や美容液を長期的に使用することや、それと同時に生活習慣を改善することが大切なんです。


まとめ

ここまでの話をまとめると、ニキビ跡が残りやすい人というのは肌のバリア機能が弱くなっているために


  • ちょっとした刺激で炎症が悪化しやすい
  • 角質が厚く毛穴が詰まりやすいために繰り返しニキビによって炎症が悪化しやすい

という悪循環にはまってしまっているのです。


また、炎症が悪化しやすいために赤みで終わらずに黒いシミのような色素沈着に発展してしまうのです。


しかも、刺激に弱くなった肌はバリア機能を少しでも高めようとターンオーバーを遅らせて皮膚を厚くしようとするため、健康な肌であればターンオーバーによって排出されるはずの色素沈着がシミのように残り続けてしまうのです。


よって、お肌のバリア機能を正常にするために必要な油分を維持するためにも、ターンオーバーを改善するためのスキンケアや生活習慣の改善するように努めることが大切なんです。


そうすることで、炎症が悪化しにくく、さらに傷んだ細胞や色素沈着を排出しやすい肌になるため、ニキビ跡が残りにくく治りやすい肌にすることができるということなのです。


保湿と言ってもただ水分を塗るだけでなく、肌が水分を保持するための機能の維持・修復できるように新陳代謝を高めるためのケアを継続するということを忘れないようにして下さい。


ニキビ跡用化粧水ならリプロスキン

 

リプロスキン

ニキビ跡ケア化粧水として圧倒的な知名度を誇るリプロスキン。


有効成分プラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、ターンオーバーや炎症ケアをしっかりとサポートしてくれます。


60日間の返金保証付なので初めて使うから肌に合うか不安な方も安心して試してみてください。


 

公式サイト

関連ページ

ニキビ跡ケアならハイドロキノン!色素沈着への効果とおすすめ美容液
ハイドロキノンはシミ対策として有名ですが、ニキビ跡の色素沈着にも有効なのでしょうか?ニキビによってできた色素沈着の場合は、通常のシミとは異なるアプローチが必要なこともあるため注意が必要です。
ニキビ跡にビタミンC誘導体!赤みと色素沈着を両方ケア!
ニキビ跡には赤みの原因である炎症や、色素沈着の原因であるメラニン色素などを総合的にケアしてくれるビタミンC誘導体がぴったりです。そこで、ビタミンC誘導体のニキビ跡への効果やおすすめの化粧水などを紹介します。
ニキビ跡の色素沈着にプラセンタが効果的!
プラセンタと聞くと老化対策のイメージがありますが、とても幅広い効果があるため実はニキビ跡の色素沈着にもすごく効果的なのです。では、プラセンタにどんな効果があって、どのようにニキビ跡の色素沈着に働きかけるのでしょうか?
ニキビ跡の色素沈着におすすめの成分の選び方
ニキビ跡の色素沈着をケアするにあたって、どんな成分を配合したコスメを使ったらいいのか知りたいという方も多いでしょう。そこで色素沈着したニキビ跡におすすめの成分と選び方を紹介します。
ニキビ跡の色素沈着にいい洗顔方法と洗顔料!
ニキビ跡の色素沈着を改善するためのケアとして、シミを消す美容液などの情報は多いですが、洗顔そのものはあまり取り上げられることはないですよね。でも、色素沈着の予防及び改善のために洗顔方法や洗顔料を見なすことはすごく重要なんです。