ニキビ跡がほくろのようになってなかなか治らない時の対策

ニキビ跡がほくろに?

ショック

ニキビ跡ができてしまったという方の多くは、最初は赤みの状態だと思いますが、その状態を放置しておくと炎症が悪化してほくろのようになって残ってしまうことがあるのです。


そのため、「あれ、ニキビ跡ってほくろに変わるものなの?!」という疑問を抱く方がいらっしゃるんですね。


でも、それは色素沈着している状態で、見た目はほくろと全く同じに見えることもありますが、実はほくろとはちょっと違うものなんです。


ほくろというのは基本的に消えることなく一生残り続けるものですが、ニキビ跡が変化してできてしまったシミのようなものは炎症性色素沈着というもので、長い時間を要しますが次第に薄くなるものがほとんどです。


ここで、ほくろは消えないけど色素沈着は消える理由や、そもそもどのような違いがあるのかということをしっかりと理解して、諦めずに綺麗な肌を目指してスキンケアを実施していきましょう。


ほくろとシミの違い

まずは、ややこしさをなくすために言葉の定義を確認しておきましょう。


色素沈着というと、老人性のシミやアザのようなものも含んだ意味で使うのが一般的ですが、当サイトはニキビ跡についての情報を提供するものなのでここでの意味は、「ニキビなどによって発生する炎症性の色素沈着」だけを指すので混同しないようにして下さいね。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由


では、さっそくほくろと色素沈着の違いについて整理していきましょう。


  • ほくろ  ⇒「メラニン色素を作りだす細胞」が一部に集まった状態
  • 色素沈着 ⇒「メラニン色素」が肌の細胞に取り込まれて、排出されずに残ったもの

言い方を変えると、ほくろは排出されることのない黒い細胞が集まった状態で、色素沈着の場合は排出されるべき黒い細胞を排出できていない状態ということなんです。


ほくろとシミ

もう少し詳しく説明すると、私たちの肌は表面から順に表皮と真皮という2重の構造になっていて、表皮と真皮のちょうど境目の表皮側にメラニン色素を作るためのメラノサイトという黒い細胞があるのです。


私たちが日光を浴びたり、ニキビなどによって肌が炎症を起こしたりすると、このメラノサイトが活性化されてメラニン色素を作り出すのです。


こうして作られたメラニン色素が肌の細胞に取り込まれると皮膚の色が黒く見えるようになり、色付いた細胞が排出されるまで色素沈着として残ってしまうのです。


しかし、ほくろの場合はメラニン色素を作るための細胞であるメラノサイトが、何らかの理由によって一ヵ所に集まってしまうために、外側から見ると黒く見えるわけのです。


はっきりとした原因は分かっていないようですが、生まれつき持っていたりすることから肌の細胞ができる過程での何かしらの異常が起こったもので、特に害はないものほくろそのものは良性の腫瘍という位置付けなんです。


(腫瘍と聞くと悪いイメージがありますが、腫瘍という言葉の意味は単に勝手にできてしまう細胞の塊みたいな意味で、普通はその場にとどまっていて無害です。ガンというのは悪性の腫瘍のことで、一部にとどまらずに他の細胞にまで浸食して活動を邪魔する腫瘍のことです。だから、ほくろ=腫瘍=ガンと単純に考えないでくださいね。)


つまり、ほくろは黒い細胞が集まったもので、色素沈着は黒くない細胞が黒く染められたものという違いがあるのです。


この違いがとても大きくて、メラノサイトのような元々黒い細胞を無色にするためには、細胞そのものを除去しない限り実現できませんよね。


それに比べて、あとから黒く染められた細胞というのは、今の技術であればハイドロキノンを配合したコスメなどを使うことでメラニン色素を分解して元の色に戻すことは十分期待できることなのです。


 >参考:ニキビ跡ケアならハイドロキノン!色素沈着への効果とおすすめ美容液


さらに、メラニン色素によって染められた肌細胞はターンオーバーによって徐々に表面に押し出されて排出されますが、メラノサイトそのものはもともと体内に存在する細胞なので、自然に排出されることはありません。


このように、見た目は全く同じ黒い点ですが、ほくろと黒いニキビ跡というのは色が同じというだけで根本的に違うもので、ニキビ跡であれば基本的に改善することが可能なものなのです。

ニキビ跡の色素沈着なら正しいケアで改善できる!

治すには?

ここまで説明してきた内容で、ほくろを消すには細胞そのものを除去するしかないのですが、ニキビ跡の色素沈着ならば十分改善することができるということを理解して頂けたかと思います。


では、実際にどのようにすれば改善されるのか?というと、先ほども軽く触れましたが、基本的には肌のターンオーバーによって排出をすること、そして黒くなった原因であるメラニン色素を分解することが必要なんです。


よって、改善するために必要なことは、まずはターンオーバーを整えること、そしてシミやほくろの原因となるメラニン色素の予防と分解のために必要な美白コスメなどの使用を検討してみるといいでしょう。


ニキビ跡の色素沈着に 人気の美白コスメはこちら


改善方法の詳細や効果については、下記の記事で詳しく書いていますので参照してみて下さい。


あわせて読みたいおすすめの記事


関連ページ

ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らない原因
ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らないのは、原因が複数あるため対策が簡単ではないからです。そのため、どのようなことが色素沈着の原因になるかを知り、日頃から意識して治らなくしている原因を排除することが大切です。
炎症性色素沈着 | ニキビ跡が色素沈着してしまう仕組み
ニキビ跡が黒っぽく色素沈着してしまうのは炎症性色素沈着という炎症によってできるシミによるものです。治りにくいことを理解して長期的なケアを継続するためにもこの炎症性色素沈着について正しい理解が必要です。
ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由
ニキビ跡の色素沈着と老化によって現れる色素沈着(シミ)と同じように考えて治らないのでは?と心配している方もいるようですが、ニキビ跡と加齢によるシミは全く別のものです。それぞれの違いを知ってできるだけ早くケアをするようにしましょう。
ニキビ跡の色素沈着が真皮にまで達すると治らない?
ニキビ跡の色素沈着は表皮で起こることが多いのですが、炎症がひどいと真皮にまで達することがあります。真皮にはターンオーバーありません。そうなると、真皮に達した色素沈着は一生治らないのでしょうか?