ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らない原因

ニキビ跡が色素沈着してしまう原因

原因は何?

ニキビ跡が色素沈着してシミのようになってしまうのは、他の記事でも書いた通りニキビによる炎症の悪化を発端とするメラニン色素が原因です。


しかし、実際にはニキビと関係のないものであってもメラニン色素の発生を促進するものはすべてニキビ跡を黒く染めてしまう原因になり得るため、炎症以外の要因にも十分気を付けるべきことがあるのです。


そのため、ニキビ跡が一度できてしまうと悪化しないようにするために意外と多くのことに気を配らなければなりません。


炎症も含めて気を付けるべき主なものを挙げると次の通りです。


  • 炎症の悪化
  • 摩擦
  • ターンオーバーの乱れ
  • 紫外線

このようなことが原因となって、赤みや紫色の状態で終わらずに黒や茶色に変化してしまうのです。


予防をするにしても、対策を取るにしても正しく原因を把握することは欠かせません。


そのため、上に挙げた原因の1つ1つを理解してニキビ跡の改善に活用して下さい。


炎症の悪化によってニキビ跡が色素沈着する

虫刺されによる炎症

ニキビ跡や虫刺されなどのように炎症を起こした場所にシミのようなものが残ってしまうことを炎症性(または炎症後)色素沈着と呼びます。


 >参考:炎症性色素沈着 | ニキビ跡が色素沈着してしまう仕組み


ニキビの場合はアクネ菌に対する免疫反応として、またはアクネ菌をそのものが活性酸素が大量に発生させるため、肌細胞の酸化を防ごうとしてメラニン色素を発生させてしまうのです(詳細はニキビとメラニン色素)。


普通の日焼けなどは皮膚の表面で起きているため、ターンオーバーによって皮が剥けてしまえば肌の色も元に戻りますね。


しかし炎症性色素沈着では発生したメラニン色素が皮膚の内部にある真皮にまで達することがあり、真皮にはターンオーバーが無いので、日焼けの時のように黒くなった部分が剥がれることが無く長期的に悩まされることになりがちなのです。


よって、ニキビを早く治そうと焦って潰したり刺激をしたりして、炎症を悪化させてしまうことはすごくリスクの高いことなんだということをしっかりと認識して下さいね。


摩擦によるニキビ跡が黒ずむ

摩擦によるシミ

私たちの皮膚は、摩擦によって黒くなってしまうということを知らない人は意外と多いと思います。


これは摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)と呼ばれるもので、弱い力であっても繰り返し摩擦を受けることによってダメージが蓄積し、その防衛反応としてメラニン色素が作られるために黒っぽい色になってしまうのです。


この場合も黒く染められた細胞が真皮に落ちてしまうこともあるので簡単に治らないことも多いのです。


通常この摩擦黒皮症はナイロンタオルなどでゴシゴシと擦り過ぎてしまうことが原因となる場合が多いため肩甲骨などの出っ張った部分の周りにできやすいのですが、洗顔などのやり方が適切でないために強く擦るような動作を繰り返してしまい、結果として顔にシミのようなものが出来てしまい方もいるのです。


正常な状態の肌であっても摩擦を続ければ色素沈着してしてしまうことがあるのに、ニキビによってダメージを受けている場合は通常よりも皮膚のバリア機能が落ちていることが多く刺激に対して敏感になっているため、ちょっとした刺激であっても十分に注意しなければなりません。


つまり、ニキビができている肌や跡が残っている時は刺激に弱くなっている可能性があって色素沈着しやすいため、極力触らないように注意しつつ、洗顔方法などの普段のスキンケアでも摩擦するような動作をしないように気を付けることが必要です。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着にいい洗顔方法と洗顔料!


ターンオーバーの乱れによって色素が残る

ターンオーバー

これは何かしらの理由でお肌の新陳代謝が悪くなったために、黒っぽくなってしまった肌の細胞が排出されずにいつまでも残ってしまうという状態ですね。


正常なお肌であれば、古くなった皮膚は一定期間を過ぎると剥がれ落ちていくため、日焼けなどで黒くなっても自然ともとの肌の色に戻ります。


しかし、生活習慣の乱れや間違ったスキンケア、さらにはニキビによる肌へのダメージによってターンオーバーが乱れると、色素沈着した細胞が残ってしまってシミみたいな状態になってしまうのです。


詳細は「ニキビ跡の色素沈着を早く治すにはターンオーバーの改善が大切!」を参照してください。


紫外線の影響でもニキビ跡が色素沈着してしまう

紫外線

紫外線を浴びると皮膚が黒くなったり、炎症を起こして赤くなったり、さらには皮膚ガンの原因となってしまうこともあるくらい皮膚を傷つけてしまうことであるのは、多くの方が経験したり耳にしたことがあると思います。


ただ、意外と知られていないのですが、正常な肌の時以上にニキビや跡の残った状態で紫外線を浴びてしまうことは避けるべきことなのです。


ニキビの原因となるアクネ菌というのは、毛穴の中で皮脂を食べて成長しますが、食べたものの中で不要なものは人間と同じように排出するんですね。


アクネ菌が排出したものの中にはポルフィリンという成分が含まれており、これ自体は何ら害はないのですが、この成分に紫外線をあてると活性酸素を大量に発生させてしまうという性質があるのです。


活性酸素は炎症の悪化やメラニン色素の誘発をしてしまうため、ニキビ跡が黒っぽくなることをを促進してしまう結果になるのです。


ニキビができやすい肌だと毛穴が詰まりそうな気がするために日焼け止めのようなものを避けようとしがちですが、悪化させないためにもUV対策は必ず実施するようにしましょう。


まとめ

まとめ

ここまでの説明で、


  • ニキビを早く治そうとして潰す
  • 皮脂をしっかりと落とそうとしてゴシゴシと摩擦
  • 不規則な生活習慣
  • 紫外線対策の不足

といったすごく基本的なことだけどついついやってしまいがちなことが、ニキビ跡の症状を悪化させてしまう原因になってしまうということを理解して頂けたんじゃないかと思います。


普段の生活の中でついついやってしまいそうなことが、意外とニキビ跡の色素沈着を促進させる原因になってしまうものなんですね。


よって、上記のようなごく基本的な4つのことを常に意識して極力避けるような生活をすること、そして正しいスキンケアのために活かしていくことが、ニキビ跡の色素沈着を改善するためにはとても大切なことなのです。


関連ページ

炎症性色素沈着 | ニキビ跡が色素沈着してしまう仕組み
ニキビ跡が黒っぽく色素沈着してしまうのは炎症性色素沈着という炎症によってできるシミによるものです。治りにくいことを理解して長期的なケアを継続するためにもこの炎症性色素沈着について正しい理解が必要です。
ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由
ニキビ跡の色素沈着と老化によって現れる色素沈着(シミ)と同じように考えて治らないのでは?と心配している方もいるようですが、ニキビ跡と加齢によるシミは全く別のものです。それぞれの違いを知ってできるだけ早くケアをするようにしましょう。
ニキビ跡がほくろのようになってなかなか治らない時の対策
ニキビ跡は時間が経つと黒く色素沈着することがあるため、ほくろになっちゃった!と思う方もいるようですが、ニキビの炎症による色素沈着とほくろはちょっと違う性質のものですので、違いや対策について整理しておきましょう。
ニキビ跡の色素沈着が真皮にまで達すると治らない?
ニキビ跡の色素沈着は表皮で起こることが多いのですが、炎症がひどいと真皮にまで達することがあります。真皮にはターンオーバーありません。そうなると、真皮に達した色素沈着は一生治らないのでしょうか?