炎症性色素沈着 | ニキビ跡が色素沈着してしまう仕組み

ニキビ跡が黒ずみの原因である炎症性色素沈着とは?

炎症によるシミ

一般的に肌が黒く染められた状態をシミと言いますが、同じように見えても加齢によって現れるもの、生まれつきの者、またニキビ跡のように炎症が原因のものなどいくつか種類があるのです。


そして、ニキビ跡が黒くなってしまうのは炎症性色素沈着と呼ばれるもので、日焼けなどによって黒くなるのとはちょっとだけ状況が違うのです。


そのため、同じメラニン色素の沈着であるにも関わらず、ニキビ跡の場合は短期間では消えないことがほとんどなのです。


ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らない原因」という記事の中で概要を説明しましたが、ニキビ跡が黒くなるとどうして長引いてしまうのかを理解する上で、炎症によってシミができてしまうメカニズムを理解することはとても大切です。


なぜ理解することが大切かというと、多くの方が即効性のある方法を追い求めて根本的な解決策を取らないために治りにくくなるという悪循環になっているのではないかと思うからです。


炎症性色素沈着の特徴を理解することで、ニキビ跡は簡単に治るものではないこと、即効性のある方法なんて無いことを認識して、数ヶ月というスパンで忍耐強くケアをすることが大事だという心構えになってもらえたらと思います。


炎症によって色素沈着する理由

どうしてシミができるの?

まず、炎症性色素沈着というのは簡単に言ってしまえば、肌を健康にするための副作用のようなものです。


炎症というのはそもそも肌の細胞が傷つけられてしまったために、その部分を修復したり、新しく作りなおそうとしたりしている状態ですね。


細胞を作るには栄養が必要なため、患部には毛細血管が多く作られて、血液の色が透けて赤くなったり、細胞内の水分量が増えて腫れたりするのです。


このように損傷した肌を治そうとして細胞の活動が活発になると、メラニン色素を作るための細胞であるメラノサイトも一緒に活発になってしまうために、紫外線を浴びてもいないのに黒っぽいシミのようになってしまうのです。


そのため、ニキビによる炎症だけでなく虫刺されや外傷などによってもシミのような跡ができてしまうことがあるのです。



黒くなったニキビ跡がなかなか消えないのはなぜ?

ニキビ跡の色素沈着がなかなか消えないのは2つの理由があります。


1つはメラニン色素を排出できないこと、もう1つはメラニン色素が真皮に落ちてしまうためです。特に長引く原因になるのが後者の方です。


それぞれについて説明して聞きます。


スムーズに排出されない理由

滞る

これはターンオーバーが乱れてしまっているということですね。


炎症によってメラノサイトが活発になってメラニン色素ができたとしても、正常な肌であれば日焼けをした時のようにターンオーバーによって黒くなった部分が押し出されて剥がれていきます


 >参考:ニキビ跡の色素沈着を早く治すにはターンオーバーの改善が大切!


しかし、ひどい炎症を引き起こすようなダメージがある場合は、新しい肌を作るための役割を担う真皮にまで損傷していることが多いために、皮膚を作るための機能が低下してターンオーバーが遅くなってしまうのです。


これらの理由によって、普通の日焼けなどに比べて長い間皮膚がシミが残ったようになってしまうのです。


ただし、炎症を抑えてターンオーバーを整えてあげることができれば、年齢にもよりますが一般的なターンオーバーの期間である2ヶ月〜3ヶ月くらいで色素沈着された皮膚が排出されていくものです。


真皮に落ちるってどういうこと?

落下

ニキビ跡の色素沈着が長期間に及んでしまうのは、さきほどのターンオーバーの乱れも原因の1つですが、黒く染まった細胞が真皮に落ちてしまうことが原因であることも多いのです。


私たちの肌は血管や汗腺などの重要器官を収めている真皮と呼ばれる部分に表皮というカバーで覆った構造をしています。


損傷がひどくなると肌へのダメージが表皮を通り超えて真皮にまで達してしまうのですが、そこでまれに問題になるのが表皮と真皮の境目の部分に穴をあけてしまうのです。


そうなると、通常はメラニン色素によって黒く染まった肌細胞は表皮にのみに存在するものなのですが、真皮と表皮の境界に穴が開いたことによって、表皮の黒く染められた細胞の一部が真皮側へ落ちてしまうことがあるのです。


真皮には表皮のようなターンオーバーという入れ替わりが無いために、簡単に排出することができません。


しかし、不要になった細胞や色素を捕食してくれる白血球の一種であるマクロファージというものがいて、表皮から落ちたメラニン色素を食べて分解してくるのです。


アザは日焼けのように皮が剥けたりしないのに自然と消えていきますが、これはマクロファージのお陰なのです。


しかし、アザの場合と違ってメラニン色素は分解するのに時間がかかるので、マクロファージ自体が黒く染まってままになってしまうことがあるのです。


このように黒くなったマクロファージはメラノファージと呼ばれています。


 >参考:メラノファージについて(外部サイト) ※リンク先 記事最下部参照照


メラノファージは動きがとても鈍く、真皮内で同じ場所に居続けるためにシミのように見えるのです。


さらに真皮にはターンオーバーがないため簡単には消えないのです。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由


しかも、一般的な美白コスメなどは表皮のバリア機能によって肌の表面を突破することができないため、真皮で効果を発揮することが難しく、メラノファージが黒い色素を分解するのを待つしかないのです。

色素沈着したニキビ跡は治すのに時間がかかる

時間がかかる

ここまでの説明で分かるように、炎症性色素沈着は日焼けと違ってターンオーバーの無い部分での話なので、1ヶ月や2ヶ月では改善できないことも多いのです。


そのため、即効性のあるコスメなどを探してもあるわけないのです。


しかも、先ほど言ったうように真皮にまで浸透するコスメというものは基本的にありません。


よって、ニキビ跡の色素沈着が残ってしまっていて、真皮にまで達してしまっているのであれば、とにかく炎症を悪化させないこと新しく炎症が起きないようにすること、そして時間の経過を待つことがとても大切になってきます。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着が真皮に達したときに必要なケア


ここまで説明してきたことと上記の記事の内容を理解して、きれいな肌を取り戻すのに近道なんて無いことを認めて、とにかく時間をかけてケアしていこうという気持ちを持つことが重要です。


早くきれいな肌になりたいという気持ちはわかりますが、幻想を追いかけ続ける無駄な時間を、正しい方に使って頂ければと思います。


関連ページ

ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らない原因
ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らないのは、原因が複数あるため対策が簡単ではないからです。そのため、どのようなことが色素沈着の原因になるかを知り、日頃から意識して治らなくしている原因を排除することが大切です。
ニキビ跡の色素沈着は治るけど加齢による色素沈着が治らない理由
ニキビ跡の色素沈着と老化によって現れる色素沈着(シミ)と同じように考えて治らないのでは?と心配している方もいるようですが、ニキビ跡と加齢によるシミは全く別のものです。それぞれの違いを知ってできるだけ早くケアをするようにしましょう。
ニキビ跡がほくろのようになってなかなか治らない時の対策
ニキビ跡は時間が経つと黒く色素沈着することがあるため、ほくろになっちゃった!と思う方もいるようですが、ニキビの炎症による色素沈着とほくろはちょっと違う性質のものですので、違いや対策について整理しておきましょう。
ニキビ跡の色素沈着が真皮にまで達すると治らない?
ニキビ跡の色素沈着は表皮で起こることが多いのですが、炎症がひどいと真皮にまで達することがあります。真皮にはターンオーバーありません。そうなると、真皮に達した色素沈着は一生治らないのでしょうか?