ニキビ跡の色素沈着、黒いものや茶色いものを改善するには?

ニキビ跡が茶色や黒に色素沈着してしまった

シミのようなニキビ跡

ニキビ跡が赤みや紫色の状態からさらに悪化していくと、茶色や黒っぽい色に変化してくることがあります。


見た目はまさにシミと同じですが、まさかニキビが原因でシミになるなんて思わないですよね。


ニキビ跡が赤みや紫色の場合は血液が透けて見えたり、内出血していることが原因でした。


参考記事

だから、黒くなってきたのも血液が変色したからだと思うかもしれませんが、茶色や黒のニキビ跡は一般的にシミと言われるものと同じメラニン色素によるものなんです。


シミと同じなら一生残っちゃうの?と考えてしまいがちですが、見た目は似ていても老人性のシミとは性質が異なるためスキンケアによっても改善が期待できるものなのです。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着と加齢によるシミの違い


時間はかかるし簡単ではないと思いますが、正しい知識をもって根気よくケアをしていくことが大切です。



ニキビ跡が茶色または黒っぽく色素沈着してしまう原因

どうしてシミのようになる?

先ほどニキビ跡がシミのように黒くなってしまう理由について簡単に触れましたが、


太陽の光を浴びたわけでもないのにどうしてメラニン色素が出てくるの?


と思っている方もいるでしょう。


一般的にメラニン色素って日焼けした時に発生するものというイメージが強いですが、ニキビなどによる炎症とも深い関係があるのです。


では、ニキビ跡との関係を理解するために、紫外線、ニキビによって肌が黒くなる仕組みをそれぞれ比較してみましょう。


紫外線が原因の場合(=日焼け)

太陽

日光を浴びると肌が黒くなることは誰もが経験的に知っていることだと思いますが、実際には紫外線が直接肌の色を作り出しているわけじゃなくて、活性酸素が発生してしまうことが原因なんです。


活性酸素には肌の細胞を劣化(老化)させてしまう性質があるため、紫外線を浴びることが有害だと言われるんですね。


体内に有害な活性酸素が増えていくことは好ましい状況ではないため、これ以上体内に紫外線を吸収しないように肌を黒くして紫外線の侵入を防ごうとするわけです。


ここで皮膚を黒く染めるために必要なのがご存知のメラニン色素です。


私たちの体の中でメラニン色素を作るためには、もとになるチロシンというたんぱく質が必要になります(成分名は覚える必要ありませんよ!)。


チロシンは元々は黒くないのですが、活性酸素と結びつくと黒っぽく変色するのです。


チロシンと活性酸素が結合するためにはチロシナーゼと呼ばれる仲介役の酵素が必要になるんですが、皮膚の中で有害な活性酸素が増加すると自然とチロシナーゼが活発に働くようにできているのです。


このように体が自らを守るための防衛反応によって、体内の細胞の劣化を抑えつつ、紫外線から受ける肌のダメージを軽減することができるのです。


ちょっと難しい話になってしまったのでここまでの流れをまとめると


  • 紫外線を浴びる
  • 体内の酸素の一部が活性酸素に変化
  • 活性酸素に反応してメラニン生成の手助けをする酵素が発生
  • 酵素の仲介でチロシンと活性酸素が結合してメラニン色素が完成
  • 色が黒くなる(紫外線の侵入を防ぐ)
  • 活性酸素はチロシンと結合して減少

という流れになりますね。


太陽の光によって皮膚が黒くなるのはすごく単純な現象のように思えますが、体内ではこのような複雑なことが起こっているのです。


ニキビが原因の場合

ニキビによる色素沈着

続いて、ニキビが発端となってメラニン色素が発生する過程を簡単に説明していきましょう。


ニキビ跡の赤みの原因のところで説明したように、ニキビができるとアクネ菌の増殖を防ごうとして免疫細胞が攻撃を仕掛けるのですが、その時に細胞を劣化させることのできる活性酸素を使うのです。


さらにアクネ菌自体も活性酸素を発生させる性質があるため、体内で過剰になり正常な細胞にダメージを与えてしまうのです。


 >参考:ニキビについて(外部サイト)


そのため、ある程度は仕方のないことなんですが、必要以上の肌の劣化を防ぐためには活性酸素を除去する必要があるわけです。


そこで、日焼けと同じようにチロシンが働きかけるのです。


体内に活性酸素が発生する理由が何であれ、有害な活性酸素を抑えようとした結果、メラニン色素が出来上がってしまうわけです。


ニキビによってメラニ色素が発生する流れをまとめると


  • 毛穴が詰まってアクネ菌が増える
  • アクネ菌が発端で活性酸素が発生

(〜以下、紫外線を浴びた場合と同じ〜)


となりますね。


よって日焼けの時と異なる点は、活性酸素が発生する理由(紫外線とアクネ菌の違い)と、黒くなった肌が役立っているかどうかという点ですね。


日焼けの場合は紫外線から身を守るために肌を黒くするので黒くなることに意味があるのですが、ニキビの場合は肌へのダメージを軽減させようとしたら結果的に黒くなってしまったというものなので黒いことが役に立っているわけではないのです。


以上から、紫外線を浴びなくても活性酸素が過剰に存在するとメラニン色素が作られるということがわかりましたね。


また、ニキビ跡の色素沈着といってもメカニズムとしては日焼けと同じであるということ、さらにメカニズムを理解することによってどのようなスキンケアをするべきか、ということも見えてくるわけです。


茶色や黒い色のニキビ跡に必要なスキンケアは?

必要なことはコレ

ここまでの内容で、ニキビ跡がシミような色になってしまうメカニズムが理解できたと思います。


では肌に発生してしまったメラニン色素の沈着をどのように対処したらいいでしょうか?


日焼けの場合は、黒くなった部分は皮が剥けて元の色に戻るまで待ちつつ、これ以上紫外線によるダメージを受けないように日焼け止めなどを塗って対策をすることが大切になってきますね。


ニキビ跡の場合も基本的には同じことで、予防と対策の両方が必要なんです。具体的に言うと


  • 今あるメラニン色素を排出、または分解すること
  • 新たなメラニン色素の生成を抑えること

の2つが必要になりますね。それぞれについてもう少し詳しくみていきましょう。


メラニン色素の排出、または分解

排出

多くの方が日焼けの後に皮が剥けて肌の色が元に戻るという経験をしたことがあると思いますが、これがまさにメラに色素の排出です。


スキンケアなどで良く使われる言葉に言い換えると「ターンオーバーを改善する」ということですね。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着を消すにはターンオーバーの改善が大切!


基本的にメラニンは肌の表皮で作られ、時間ともに垢として剥がれていきます。日焼けをして皮がむけて黒くなった部分が排出されて新しい皮膚がでてくるのも、ターンオーバーという肌の新陳代謝によるものなんです。


しかし、ニキビ跡が残っている肌はニキビのダメージで皮膚を作る能力が落ちていることが多いため、健康な皮膚を再生するのにいつも以上に時間がかかってしまうことが多いのです(これをターンオーバーの乱れと言います)。


さらにダメージを受けたことで肌が持つバリアとしての機能が衰えがちであるために、ちょっとした刺激などによって炎症が悪化してターンオーバーが乱れやすい状態になってしまっているのです。


そのため、メラニン色素がスムーズに排出されずにいつまでもシミのように残り続けてしまうのです。


このような肌の異常な状態をできるだけ正常に戻すためのサポートとしてスキンケアが必要になってくるのですが、メラニン色素をスムーズに排出するためにどのようなケアが必要かというと


  • 炎症を抑えてあげること(症状の悪化を防ぐ)
  • 新たな炎症を予防して肌を正常な状態に戻すこと(ニキビ予防とバリア機能の修復)

ということになりますね。


これはまさにニキビ跡の赤みのケアと共通する部分ですね。


また、メラニン色素へのアプローチとしては、排出するだけでなく分解して色を薄くするという方法もあるのです。


これはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどすでにあるメラニン色素に働きかけることができる一部の成分のみに期待できる効果です。


メラニン色素の沈着にはハイドロキノン

 

ビーグレン

お肌の漂白剤と言われるハイドロキノンをビーグレンの独自技術により角質層の奥までしっかりと浸透させることに成功。


ハイドロキノンを配合したクリームに、化粧水や美容液などを加えたお得なトライアルセットで効果を実感してみて下さい。


365日間の返金保証付なので、ハイドロキノンを始めて使うという方でも安心ですね。


 

公式サイト


参考記事

メラニン色素の生成抑制

阻害

続いて、「新たなメラニン色素の生成を抑える」ということについてはどのようなケアが必要でしょうか?


簡単に言うと、メラニン色素を作るために必要な過程である活性酸素とチロシンの結合を邪魔してやればよいのです。


例えば、結合に必要な酵素の働きを抑えることや、活性酸素そのものを抑制する必要があるんですね。


このようなメラニン色素の生成を邪魔する作用を一般的に美白効果と呼ぶのです。


美白というと黒くなった肌を白くするというイメージがありますが、実はメラニン色素の抑制や、排出の促進などの効果を総称して指すのが一般的なのです。


美白成分としてはいろいろなものがありますが、先ほども挙げたプラセンタビタミンC誘導体、さらにハイドロキノンあたりが有名ですね。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着にプラセンタが効果的!


つまり、メラニン色素の排出を促進しつつ生成を抑えるためには、抗炎症作用や美白作用などを含めた幅広い効果が期待できるスキンケアが必要になってくるということなんですね。


ニキビ跡の色素沈着に対するケアと、一般的なシミに対するケアで異なる点は


メラニン色素に働きかける成分だけではだめ

という点なんです。


通常シミ対策のスキンケア用品として売られている美白化粧水や美容液では、メラニン色素に働きかける効果が基本なので、ニキビ跡のようにまだ炎症が残っていたり、ニキビの再発を予防する必要がある場合にはシミ対策コスメではカバーしきれないわけです。


そのため、「美白」という文字が書いてあるというだけでニキビ跡に効くと決めつけずに、まだ炎症があるのかどうかなど、自分の症状に合わせたものを選ばないといけません。


 >参考:ニキビ跡の色素沈着に効果的な美白化粧水や美容液の選び方


いくらシミを消すことができても、新しいニキビができて炎症を再発させてしまっては根本的な解決になりません。


あくまでも“ニキビの炎症によってできた色素沈着”であるため、ニキビ予防や美白、炎症ケアなどを網羅したスキンケアが必要になってくるので、どんなコスメを選んだらいいのか分からないという方は、まずはニキビ跡専用のスキンケア用品の使用を検討してみるのがいいと思います。